北海道、札幌市のフリーペーパー「スコブル」。女性の気になる症状を改善してくれる医療機関をご紹介!

スコブル

体と心に効く! エイジレス健康情報マガジン

Clinic

:::: 病院 ::::

スコブルvol.43より

コロナから身を守るために


とよひら公園内科クリニック院長
藤本 晶子さん
順天堂大学医学部卒業。北海道大学病院、国立札幌病院、北海道対がん協会、医療法人渓仁会札幌西円山病院などを経て、2004年に開院。地域密着型の診療で、「わが家のかかりつけ医」として親しまれている

副反応は先の見えるトンネル
後遺症は先の見えないトンネル

現時点で身を守る方法はワクチンしかない

 コロナとの付き合いが始まって3年目に入りました。これまで発熱外来やワクチン接種、最近は後遺症の患者さんも診てきて思うことは、ワクチンを受けていない方から感染が広がっていることは間違いないだろうということです。5月の連休明けの発熱外来では15人中11人の患者さんが陽性で、その陽性率は、何と73.3%。ワクチンを受けていない方は全員陽性でした。
 一つ分かってほしいことは、コロナには簡単に使える治療薬がないということです。正確には数種類ありますが、まだ色々と制限があり、基礎疾患のないスコブル世代には処方されません。
 その意味では、現時点で自分の身を守る方法はワクチンしかないということです。

ワクチンは未知から既知に
副反応より怖いのは後遺症

 ワクチンを打たない理由はいろいろですが、過去に経験したアナフィラキシーを心配される方でも、きちんと前処置を行えば受けることが出来ました。しかし、コロナのワクチンは未知なものだから打ちたくない、子どもには打たせたくないという方は少なくありません。しかし、既に日本人でも何百万人という方が打っており、今やワクチンは未知ではなく、既知だと思うのです。
 さらにコロナでは、後遺症の問題も忘れてはいけません。ワクチンの副反応はせいぜい3日くらいの熱で治まりますが、後遺症は月単位、年単位で苦しんでいる方がいます。
 ワクチンの副反応を軽減させる予防的対策などもありますので、かかりつけと相談のうえ、ワクチンを一度も受けていない方は、いま一度ワクチン接種について考えていただければと思っています。

とよひら公園内科クリニック
  • 011-811-1518
  • 札幌市豊平区豊平4条11丁目3-5
  • 診療時間:
    月・火・木・金曜 9:00~12:30、13:30~17:00
    水曜 9:00~12:30
    第2・4土曜 9:00~12:00
  • 休診日:第1・3・5土曜・日曜・祝日
  • http://www.toyohira-koen-naika.jp/