北海道、札幌市のフリーペーパー「スコブル」。美容・健康に関するお得な情報をお届けします。

スコブル

体と心に効く! エイジレス健康情報マガジン

Pick up

:::: オススメ情報 ::::

スコブルvol.26より

手持ちの靴に、第二の人生
究極の自分パンプスをつくろう

形も色も好きなのにサイズが合わない靴。
右足だけつま先が痛い靴。ありますよね?
そんな履けない靴を一掃できる、画期的なシステムが登場しましたよ。
足を靴に合わせるのはもう終わり。
カスタムパンプスで、春の街を颯爽と歩こう


教えてくれた人
鎌田数之さん
9年間整形外科病院で、主任として理学療法業務に携わる。「健康は足もとから」として、子供から高齢者までの歩行改善・予防医学を行う

歩くことも出来なかった靴で走り出す!高いヒールも安心

 満美さんとの出会いは、半年前に街角で声をかけた、エルダーピンナップ。身長が145cmということもあり、高いパンプスは必要不可欠だが、長時間歩くのがつらく「去年の冬、ついに右膝を痛めたんです」とのこと。その問題のパンプス持参で、駆け込んだのが、ここ。スコブルではすっかりおなじみ、理学療法士として長きに渡って整形外科病院で勤務した経験を持つ、鎌田さんの店だ。そのパンプスは半年の間に、かかとに1cmほども隙間ができ、さらに問題は深刻化。歩くことすらできない状態だ。キラリと、鎌田さんの目が光った(ような気がした)。手ごわいほど、燃えるタイプなのだ。
 「今までインソールで、さまざまな悩みを解決してきました。それも大切ですが、やっぱり今、履いている靴を体に負担の無い靴に作りかえるのが、究極なんですよね。しかもリーズナブルに」と頼もしく、満美さんの足の計測、歩行チェックを行い、問題を見い出していく。満美さんは長年、大き目の靴を履き続けた結果、足指を曲げて踏ん張るクセが付き、股関節などに負担がかかっていたのだ。「市販のパンプスでは無理がありますね。足の裏のアーチ部分をかなり加工しないとフィットしません」。そう言いながら、満美さんの足に沿うように改造していく。数ミリ単位で、靴底を削ったり、インソールを敷き詰めたりと、繊細な作業だ。履いては、微調整を繰り返し…いよいよ完成。
 パンプスを履いた満美さんはまず「すごい!」と声を上げた。トントンと足踏みしたかと思うと突然、室内を走り始める。「このフィット感、感動です!」。1~2カ月くらいで、骨盤などが矯正され、もう一度微調整が必要。本当の完成となる。


「足育」にも取り組み、お子さま用シューズも取りそろえています。


お気に入りの靴なのに、サイズが…
かかとと靴の間に指がすっぽりと入るほど合わなくなってしまった。「痩せたわけじゃないのに…どうして?」と本人も困惑。もともと足が小さい人や左右の大きさが違う人など悩みはさまざま

歩行チェック
歩く様子を録画し、モニターでチェック。満美さんは左足首をひねりながら着地し、股関節にも影響が。内臓の負担にもなりかねない。このあと、アフターもチェックする

理学療法でゆがみをリセット
下半身と上半身のバランスを見ながら、鎌田さん本領発揮の理学療法的な施術を行う。右側の首の可動域が極端に狭いのが解消された


靴をカスタマイズ
本人の了解を得ながら、靴底を削ったり、インソールを剥がしたりと、かなり大がかり。フィッティングと微調整を繰り返して、自分だけの足に合ったパンプスに作りかえる
◎パンプスのカスタマイズ
両足8000円~
※1ヶ月以内の微調整は無料
それ以降は2000円
フィジオウェルネス マルヤマ
メルマガ会員募集中
Loading

Pick up

オススメ情報

Coupon&Special

クーポン&特典[PDFファイル]