北海道、札幌市のフリーペーパー「スコブル」。美容・健康に関するお得な情報をお届けします。

スコブル

体と心に効く! エイジレス健康情報マガジン

Pick up

:::: オススメ情報 ::::

スコブルvol.25より

秋野暢子さんインタビュー

自分にとって“心地いいこと”。それがライフスタイルの基軸です

秋野暢子
女優、タレント。1957年生まれ、大阪府出身。74年、NHK 銀河テレビ小説「おおさか・三月・三年」でデビュー。映画、テレビ、雑誌などで活躍する一方、講演会の出演、絵本の出版など女優業だけにとどまらず、マルチな才能を発揮している。
運動、食事、睡眠
三本柱のバランスが大切

 一度やり始めたら、何でもとことん続けるタイプなのですが、なかでも、30代からハマっているのが走ること。35歳の時、ホノルルマラソンに出場したのがきっかけで、「走るのって楽しい!」と開眼してしまって。それ以来ずっと10kmのランニングと筋トレが日課になっています。ストイックと思われるかもしれませんが、素直に走ることが大好きなので、全然苦ではないんですよ。走ること以外も、健康・美容法、食習慣など長く続けていることは、自分にとって心地いいことばかり。誰でも嫌いなことは続けられないですからね。だから「運動したいけれど、続かない…」という人には、まずは無理なく自然体で楽しめる“好きなこと”を見つけてほしいと思います。実践では、自己流になりすぎないように、スポーツトレーナーなどプロに指導を受けたり、専門書で知識を得たりと、さまざまなアプローチをしたうえで、自分に最も合った方法を見出し、アレンジしています。
 日々心掛けていることは、しっかり運動して、規則正しく食事を摂り、ぐっすり眠ること。特に食に関しては、間食は一切せず、タンパク質、脂質、ミネラルなどのバランスを考慮した朝昼晩の食事をなるべく定時に摂るようにしています。夜はベッドに入ったら、秒殺で熟睡(笑)。早寝早起きが基本です。
 歳を重ねた今、改めて思うのは、これまで生かしていただいた世の中へ恩返しがしたいということ。これまでも東日本大震災の復興支援は微力ながら続けさせていただき、今年9月からは、月に一度、被災地の応援に伺っています。また、これからは女性の時代。女性が輝き、ステキに生きられる社会を目指す、そんな活動のお手伝いもしています。スコブル世代の女性たちにも“心地いい”ライフスタイルを見つけ、日々はつらつと過ごしてほしいです。


映画『写真甲子園 0.5秒の夏』
夏の東川町を舞台に、葛藤や挫折に直面しながらも、一枚の写真に情熱を賭ける高校生たちの熱き姿を描いた青春ストーリー。秋野さんは高校の写真部顧問として出演。11/11~公開中
メルマガ会員募集中
Loading

Pick up

オススメ情報

Coupon&Special

クーポン&特典[PDFファイル]