北海道、札幌市のフリーペーパー「スコブル」。気になる暮らしの情報をわかりやすくお届けします。

スコブル

体と心に効く! エイジレス健康情報マガジン

Life

:::: :: 生活 :: ::::

スコブルvol.27より

俳優 山﨑賢人さん
調律師として理想の音を追い求める主人公を演じて


俳優 山﨑賢人さん やまざき・けんと
1994年生まれ。「管制塔」で映画デビュー。NHK連続テレビ小説「まれ」でヒロインの相手役を熱演し話題に。主演映画は「オオカミ少女と黒王子」、「四月は君の嘘」、「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」、「斉木楠雄のΨ難」、「氷菓」など多数。第39回日本アカデミー賞新人俳優賞受賞。
7月12日スタート木曜劇場「グッド・ドクター」に主演
映画『羊と鋼の森』(東宝)
ピアノの調律師という世界を繊細な筆致で綴った宮下奈都の感動作が待望の映画化。悩みながらもたくましく成長していく青年調律師のひたむきな姿に励まされ、温かい余韻に癒される。6/8~公開

日常を温かく包み込み、そっと背中を押してくれる作品です

 数々の話題作に出演し、常にエンタテインメントシーンの真ん中を颯爽と駆け抜けている山﨑賢人さん。出演作のヒットが続く中、北海道を舞台に撮影された映画『羊と鋼の森』が、6月8日、いよいよ公開される。この作品は、2016年、「第13回本屋大賞」を受賞した宮下奈都の小説が原作。山﨑さんは、ピアノの一音に森の匂いを感じ、調律師の世界に魅せられていく主人公の新米調律師・外村直樹役に挑んだ。
 「北海道へ来たのは、撮影以来ほぼ1年振りなのですが、何だか懐かしくて嬉しいです。今回、旭川の中学校の卒業式にサプライズで登壇させてもらったのですが、この体育館は外村がピアノに出合い、調律師を目指すことになる重要なシーンを撮影した思い出の場所。実は式の前日に、調律師の方と一緒に、体育館のピアノの調律をやらせてもらって。だから、そのピアノの音色で中学生たちが合唱してくれた時は、とても感動して胸が熱くなりました」。
 撮影が行われたのは、真冬の旭川。2か月ほど滞在したそうで、「地元のグルメも食べまくりました(笑)。なかでも一番おいしかったのが、塩ホルモン!風景では、JR近文駅から降り立った時に広がる、凛とした雪景色が印象に残っています。東京にはない空気感なんですよね」。
 『羊と鋼の森』では、ひたむきに仕事に向かう実直な青年を演じ、役者としての新境地を開いた山﨑さん。「才能がなくても、好きという思いを絶やさず、コツコツ続けていくことの尊さを知り、役者の道を歩んでいく上で大きな励みになりました。
 最後にスコブル世代へ向けて――。「この作品には、ステキに歳を重ねた人々の、言葉が散りばめられています。日々の仕事や家事は、小さなことの積み重ねかもしれないけれど、そんな日常を温かく包み、そっと背中を押してくれるのが、この作品の魅力です。ぜひ劇場へ足を運んでください」。

メルマガ会員募集中
Loading

Life

生活

Coupon&Special

クーポン&特典[PDFファイル]