北海道、札幌市のフリーペーパー「スコブル」。気になる暮らしの情報をわかりやすくお届けします。

スコブル

体と心に効く! エイジレス健康情報マガジン

Life

:::: :: 生活 :: ::::

スコブルvol.25より

「酔いは醒めたから大丈夫」と、安心しないで!
飲酒運転は絶対にやめましょう

お酒の誘いが多い年末年始。断固避けなくてはならないのが飲酒運転です。
飲酒運転根絶に向けた取り組みにより、発生数は減っていますが、悲惨な事故は後を絶ちません。
飲酒運転を多く起こしているのは、実はスコブル世代である40代前後。
事故の加害者にも被害者にもならないために、正しい知識を身に付けましょう。

 交通事故は、被害者と加害者、どちらの生活もガラリと変えてしまいます。時には命、家族、仕事、社会的な信用や免許などあらゆるものを失うことに…。
 厳しい罰則が課されながら、それでも0にならない飲酒運転。飲酒運転はなぜ危険なのでしょう。お酒を飲むと中枢神経がマヒし、運動機能が低下するためブレーキやハンドルの操作が遅れます。また平衡感覚を失ったり、視力や視野に影響が出て認知能力や集中力も下がります。理性や自制心も低下し、普段慎重な性格の人でも「このぐらいは大丈夫」と、危険な運転をすることも。このように事故につながる悪影響が多い飲酒運転は、絶対にやめましょう。
 また酔いが醒めるまでにかかる時間を、正確にご存知ですか? 酔いが醒めたと思った翌朝、出勤途中の運転で捕まることも。その場合、お酒を勧めた人、運転を止めなかった家族も罪に問われることがあります。飲酒運転を無くすためには、本人はもちろん社会全体での見守りも大切です。飲酒運転をする人を見たら警察に通報するなど社会全体で飲酒運転を根絶しましょう。悲惨な事故で互いに不幸にならないためにも、飲酒運転は許されない犯罪行為です。

覚えておきたいアルコール処理の時間
ビール中ジョッキ1杯(500ml)、日本酒1合(180ml)、グラスワイン2杯(200ml)。それぞれ純アルコールを約20g含み、体内処理するには、飲み終わってから男性で約4時間、女性は約5時間かかります。中ジョッキ2杯なら8~10時間、3杯なら12~16時間、つまり分解に半日以上かかります。肝臓での処理は案外ゆっくりということを覚えておきましょう。
夜光反射材を身に着け車から身を守りましょう
事故が多い夕方や夜間は、視界が悪くドライバーから歩行者が見えにくい時間です。夜間外出時は、ドライバーから見えやすい明るい服装を心掛け、「夜光反射材」を身に着けましょう。最近はシールや体に巻くもの、マスコットなど種類豊富でおしゃれなデザインも増えました。まずはお気に入りを見つけてバッグに付けてみませんか? 事故から守るために家族にもぜひ身に着けてもらいましょう。子供やお年寄りには靴や体、自転車など数カ所に付けることをお勧めします。またドライバー側も、自動車のライトは近目(ロービーム)では30mぐらいまでしか見えないので、できるだけ遠目ライト(ハイビーム)にして早めに危険を察知しましょう。
春を前に「小1リスク」から子どもを守りましょう
新1年生に飛び出し事故が多いことをご存知でしょうか? 特に入学の4月から右肩上がりに増え秋まで続きます。そんな「小1リスク」から守るために、ぜひ今から入学までの間にお子さんと一緒に交通ルールを勉強しましょう。通学路などよく通る道を一緒に歩き、標識の意味や信号について教え、危険な場所も認識させましょう。落ち着いて信号を渡るなど、大人がきちんと見本を見せることも大切です。夜光反射材もぜひ着けてあげましょう。
[お問い合わせ]
北海道環境生活部 くらし安全局 道民生活課
  • TEL:011-204-5219(交通安全グループ直通)
  • 月~金曜日/8:45~17:30 ※土・日曜日、祝日、年末年始を除く
メルマガ会員募集中
Loading

Life

生活

Coupon&Special

クーポン&特典[PDFファイル]