北海道、札幌市のフリーペーパー「スコブル」。女性の気になる症状を改善してくれる医療機関をご紹介!

スコブル

体と心に効く! エイジレス健康情報マガジン

Clinic

:::: 病院 ::::

スコブルvol.25より

スコブル世代への処方箋[あきこ先生に聞く]vol.6
他人事ではない介護の問題

要介護の原因となる認知症
いかに早く気付けるか


とよひら公園内科クリニック
院長 藤本 晶子さん
順天堂大学医学部卒業。北海道大学病院、国立札幌病院、北海道対がん協会、医療法人渓仁会札幌西円山病院などを経て、2004年に開院。地域密着型の診療で、「わが家のかかりつけ医」として親しまれている
親の健康が気になり始めるのもスコブル世代の課題

スコブル世代は、自分や一緒に住んでいるご家族の健康はもちろん、離れて住んでいる親御さんの健康についても心配事が増えてくる世代でもあります。病気やけがなど、お住まいが近ければまだしも、遠ければ自分の仕事やご家族の生活のこともあり、なかなか頻繁にお世話に通うということは難しいのかもしれません。しかし、治療によって元気に回復する病気やけがであればまだしも、場合によってはなんらかの支援や介護が必要になるということも認識しておいたほうがよいでしょう。

「あれ?」と思う変化が増えたら早めに医師に相談を

中でも厚生労働省の2013年国民生活基礎調査によると、65歳以上の要介護の原因の第2位である認知症は、現在の高齢社会において特に注意すべき問題の一つと言えます。認知症には薬による治療はありますが、あくまでも症状の進行を抑えることしかできません。その意味では、なるべく早期に発見し、適切な治療を行うことが重要です。認知症の第一人者である順天堂大学大学院の新井平伊教授は、「同じことを何回も言ったり聞いたりする」「財布を盗まれたと言う」「だらしなくなった」「夜中に急に起き出して騒いだ」「計算の間違いが多くなった」「ささいなことで怒りっぽくなった」といったことが早期発見のポイントになると話されています。
 この年末年始、帰省した際には、認知症のサインが見られないか気にしてみてください。どうしても都合が付かなければ電話やメールだけでもこまめにしていれば何か気付けることはあるでしょう。

とよひら公園内科クリニック
  • 札幌市豊平区豊平4条11丁目3-5
  • TEL:011-811-1518
  • 診療時間
    月・火・木・金曜 9:00~12:30 13:30~17:00
    水曜 9:00~12:30
    第2・4土曜 9:00~12:00
  • 休診日/第1・3・5土曜・日曜・祝日
  • http://www.toyohira-koen-naika.jp/
メルマガ会員募集中
Loading

Clinic

病院

Coupon&Special

クーポン&特典[PDFファイル]