スコブルブログ

札幌の40代以上の女性の“きれい“を応援するフリーペーパー「スコブル」の編集部によるブログです

SAPPOROお洒落塾 クリスマス スペシャル ナイト

タ鶴プロデュース
SAPPOROお洒落塾 クリスマス スペシャル ナイト
inアートホテルズ札幌

 

札幌は本格的な雪景色となり、一年で一番おしゃれがヒートアップする季節に突入しました。

そんな12月21日の夜、弊社フリーマガジン・スコブル10号(12月4日発行)にご出演いただいた、パーソナルスタイリストのタ鶴(たつる)さん主催のパーティー「SAPPOROお洒落塾スペシャルナイト」が開かれました。

スコブル記事はこちら

http://sukoburu.toho-ho.jp/pickup/index.html


パーティー会場は、弊社の月刊誌HOでもお世話になっている、アートホテルズ札幌さん1階の、アンチエイジングラウンジ、シンフォニーです。
1会場
ドレスコードは、ゴージャス・フォーマル。
エイジレスな男女50名近くが参加しました。
2ゲスト
プロカメラマン木内政海さんによる撮影会も実施されました。
3カメラマン
まず最初は、タ鶴さんと、ゲストの佐藤桔更(きさら)さんのトークセッション。
(左がタ鶴さん、右が桔更さん)
タ鶴(たつる)さんと佐藤桔更さん
桔更さんは、ファッションモデルのキャリアを生かして、
ウォーキングアドバイザーとして活躍しており、
エレガントな大人の女性には姿勢が第一であること、

美しく見える座り方などをレクチャーいただきました。

お料理を担当してくださったのは、

アートホテルズ札幌料理長の草野忠幸さん。

 6シェフ

 

美しく繊細なスペシャルディナーを堪能させていただきました。

アートホテルズ ディナー

さらにさらに。私たちを深い深い感動へ誘ってくれたのは、若きソプラノ歌手・安藤友希さんのアヴェマリア。

天国から聞こえてくるような清らかな美しい歌声に、会場は水を打ったように。

汚れものの編集部員も、さすがに心が洗われましたよ。

7ソプラノ

クライマックスは、ベストドレッサー賞の発表です。
参加者全員の投票で特別賞に選ばれたのはこのお二人。
左が、小川聖子(しょうこ)さん。右が、数瀬光枝さんです。
fasshon

小川さんは「きょうのヘアメイクは寺長根あいさんにお願いしました」とコメント。
ミニスカートがとてもキュートで、とても43歳には見せません。

ただ一人、着物姿で参加されたのが、数瀬光枝さん。早くから「大好きな着物で出席しようと思っていた」そう。ステキですよね。

そして、ベストドレッサー賞は、鈴木美鈴さん。

エスコート役の白坂隆明さんは「平成の見返り美人」と絶賛!

9

赤いつけまつげは、小学生のお孫さんからの東京土産なんですって。

胸元には、サンタさんのネックレス。
きらきら付き手袋は、「憎みきれないろくでなし」の沢田研二さんのように
片方だけ! というセクシーっぷり。

10
足はバリバリの素足! 
桔更(きさら)さんによれば、ヨーロッパではハイヒール時にストッキングはNGで、素足がルール。
鈴木さんは、それをちゃんと守っているのだとか。
いやあ、まいりました。
こんなおしゃれで元気でステキな方が同じ札幌にいるというだけでも、楽しくなってきます。
タ鶴さんの「SAPPOROお洒落塾」は、
アートホテルズ札幌で定期的に開かれています。
興味のある方はぜひ! 
SAPPOROお洒落塾 事務局
IMPRESS(インプレス)
札幌市中央区南1条西10丁目4  小六第1ビル6階
電話:011・231・3771(受付10:00〜20:00)
http://www.impress-style1.com
 
アートホテルズSAPPORO
札幌市中央区南9条西2丁目2-10
電話:011・512・3456(代表)
http://art-sapporo.com

リリアーナ様 電話番号の訂正

 

日ごろよりスコブルをご愛読いただき、ありがとうございます。

さて、スコブル10号の8ページ、リリアーナ様の電話番号が違っておりました。

正しくは、011−231−0077です。

リリアーナ様、関係者の皆様に、謹んでお詫びいたします。(スコブル編集部)